作品41 本編 / Main Page of Op. 41

@ 夢創館 / Pavilion of Embodied Dreams


スライドショー (2.5秒間隔)
Slideshow (Interval: 2.5 seconds)
日本ボディーペインティング美術館作品41本編スライドショー(2.5秒間隔)
スライドショー (1.0秒間隔)
Slideshow (Interval: 1 second)
日本ボディーペインティング美術館作品41本編スライドショー(1.0秒間隔)

click ⇒ 360 x 540 pixel slideshow


 場面の選択 / Choice of Scenes


制作過程 / Making Process 公園にて / In a Park
高速道路脇で / Beside a Highway マンションにて / At a Condominium
路上で / On the Street 桜並木にて / Under Cherry Trees
ビルの前で / In front of a Building バス停にて / At a Bus Stop
ボンネット上にて / On a Bonnet 隠したおへそ / Hidden Navel

 まずは制作過程から。


下書きの段階

ホットパンツの完成段階

日本ボディーペインティング美術館作品41(1/40) 日本ボディーペインティング美術館作品41(2/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(3/40)

この段階で既に1時間15分かかっています。


click ⇒ 1,200 x 900 pixel photos 

 つづいては上半身です。

日本ボディーペインティング美術館作品41(4/40)

 まず右の画像をご覧ください。水色で格子を描き、それぞれのマスの中心に塗る色を点で描きます。
 図形は単純なんですが、色を塗っている間にどのマスにどの色を塗ればよいのかが分からなくなってしまいます。それを防ぐために目印の色はどうしても必要です。 

 その目印に従って塗っていくと右のようになります。

日本ボディーペインティング美術館作品41(5/40)

 結構細かな作業なので、完成までに3時間半かかっています。
 その後、撮影終了まで2時間ですから、ボディーペインティングっていう芸術ははかない命ですよね。(^_^;;


click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 完成したところで近くの公園の片隅へ。


 この場所はベンチを取り囲むように目隠しがあるので、初めてハダカで外に出る渚ちゃんにとっては最適の場所。とは言っても落ち着かないようで、周りをキョロキョロしたり、自分の大事なところをあらためて確認したりしています。

日本ボディーペインティング美術館作品41(6/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(7/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(8/40)

 何枚か写真を撮っている間に笑みもこぼれるようになってきました。v(^_-)v

 左足の膝の後ろに青いペイントマーカーが付いちゃってるところがご愛敬です。(^_^;;

 「パイパン」のモデルさんの場合は陰部に絆創膏を貼りますが、渚ちゃんにはお毛々があるので、絆創膏は貼っていません。お尻を突き出すポーズではクローバーマークは外すわけにはいきません。(^_^;;

日本ボディーペインティング美術館作品41(9/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(10/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(11/40)
click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 続いては高速道路脇の歩道で。


日本ボディーペインティング美術館作品41(12/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(13/40)

 続いて高速道路脇の歩道で撮影してみました。

click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 近くのマンションの外階段を登って2階へ。


 高速道路の近くに外階段のあるマンションがあったので、外階段を使って2階に上がってもらいました。
 撮影する側は、マンションにお住いの方がドアを開けるかも知れないとドキドキしていたのですが、渚ちゃんは意外と平気。なんで平気だったのかは渚ちゃんへのインタビューをお読みください。

日本ボディーペインティング美術館作品41(14/40)
click ⇒ 800 x 1,200 pixel photo 

 折しも桜が満開なので、桜と一緒にパチリ!


日本ボディーペインティング美術館作品41(15/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(16/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(17/40)

 某小学校前の歩道に植えられた桜と一緒に撮影してみました。

 小学校前で大丈夫かって? 大丈夫です。春休み中なので子供たちはいません。

click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 陽当たりの良い桜並木に移動。


 小学校前の歩道はあいにく日影だったので、陽当たりの良い桜並木に移動しました。

 やっぱり陽に映える桜って全然違いますね。桜以上に陽に映えたボディペ姿はいいですね。v(^_^)v

日本ボディーペインティング美術館作品41(18/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(19/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(20/40)
日本ボディーペインティング美術館作品41(21/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(22/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(23/40)

 脚を拡げると、脚の付け根がちゃんと塗ってないことがバレますね。
 まあ、ご愛敬ということでご容赦ください。m(_ _)m

 click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 オシャレなビルの前でも撮影してみました。


日本ボディーペインティング美術館作品41

 たまたま通りかかったオシャレなビルの前でも撮影してみました。
 縦長画像だけだと周りの様子が分からないと思いますので、1枚だけ横長壁紙をお見せします。

 click ⇒ 1,280 x 720 pixel photos  
日本ボディーペインティング美術館作品41(24/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(25/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(26/40)

 ガラス張りなので、渚ちゃんは自分の姿を映して見ていますが、外から中が見えないからと言って、中から外が見えないわけではないんですよ、渚ちゃん!

日本ボディーペインティング美術館作品41(27/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(28/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(29/40)

 横長画像の左奥に写っているドアを入ってみました。

日本ボディーペインティング美術館作品41(30/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(31/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(32/40)

 やっぱりフラッシュを使っちゃまずかったかな? 中のお客さんにしっかり見られてます。(^_^;;

click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 渚ちゃんが特技の側転を披露してくれました。


 ここはバス停前

 ちょっと過激すぎる「大道芸」でしたかね。(^_^;; 見物人がたくさん集まる前に早めに移動することにしましょう。

日本ボディーペインティング美術館作品41(33/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(34/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(35/40)
日本ボディーペインティング美術館作品41(36/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(37/40)日本ボディーペインティング美術館作品41(38/40)  click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 撮影の最後にとんでもないことをしてしました。


日本ボディーペインティング美術館作品41(39/40)

 車の上でおしっこまでしてしまいました。(^_^;; 渚ちゃん、弾けまくってます。v(^_^)v とても20歳でボディペ初体験とは思えません。

 撮影当時はサーバーの容量に制限があったため、静止画しか撮ってありません。右の画像は静止画8枚を0.2秒間隔で切り替えて表示しているので、ギクシャクした画像で見にくくて申し訳ありません。m(_ _)m

 click ⇒ 800 x 600 pixel slideshow 

 この後、走り出したら、フロントガラスに黄色い雫が飛んできましたので、即洗車してもらいに行きました。おしっこを飲んだりする趣味はないので。(^_^;;


 因みに‥‥‥。


日本ボディーペインティング美術館作品41(40/40)

 今回はできるだけボディペと分かりにくくするために、瞬間接着剤で乳首を埋めてありますが、それだけではなく、おへそも上下のフチをくっ付けています。
 おへそが横真一文字になっているところが笑えます。

click ⇒ 800 x 1,200 pixel photo 

 モデルさんのご感想はインタビュー編@幻実館でお読みください。

本ページのトップへ / to the top of this page 


日本ボディーペインティング美術館ご来館者総数 / Total Visitors to JANBOPAI Museum

Visitors to Op.41 since Dec. 24th, 2017