作品2
Op. 2

Title

空飛ぶ赤星たち
Red Stars in the Blue Sky

Model

Betty 様
Betty-san

Date

February 23rd, 2003

Pages

本編
Main Page

壁紙コーナー
Wallpaper Corner

横長壁紙コーナー
Wide Wallpaper Corner

クローズアップ写真コーナー
Close-up Photo Corner

改装前のページ
Pages before Renovation

舞台裏
Backstage


 今回モデルをしてくれたのはLove in the afternoon(2007年閉鎖)の女王 Betty 様です。作品1は模様と線だけの水着でしたが、今回はちゃんと水着の形に塗らせて頂きました。初めての「本格的な水着」です。

 Betty 様のボリュームのあるバストは正に「ジャンボ・パイ」。当美術館の略号「JANBOPAI(Japan Body Painting) Museum」のシンボルとしてこれ以上の素材はありません。2人目にして、当美術館の名称にぴったりのモデルさんに出会えたことは、当美術館にとってものすごい幸運でした。


Visitors to Op.2
since Dec. 23rd, 2017





本編 / Main Page

@ 夢創館 / Pavilion of Embodied Dreams


スライドショー (2.5秒間隔)
Slideshow (Interval: 2.5 seconds)
日本ボディーペインティング美術館作品2本編スライドショー(2.5秒間隔)
スライドショー (1.0秒間隔)
Slideshow (Interval: 1 second)
日本ボディーペインティング美術館作品2本編スライドショー(1.0秒間隔)

click ⇒ 800 x 1,200 pixel slideshow


 場面の選択 / Choice of Scenes


制作過程 / Making Process エレベーターホールで / At an Elevator Hall
お座敷で / At a Tatami-room 露天風呂で / At an Open-air Bath
駐車場で / At a Parking 翌朝、公園で / In a Park
 
当美術館の2つのシンボルマーク / Two Symbol Marks of JANBOPAI Museum

 まず、制作過程をご覧いただきます。


(1) アウトラインを決める。
 まず、ペインティングに入る前に、アウトラインを決めます。
 (注) 通常、アウトラインを描くときは目立たない色を使いますが、今回は皆様に分かって頂きやすくするために赤を使いました。

 

(2) 絵柄を描く。
 アウトラインが決まったら、その中に絵柄を描き込んでいきます。

日本ボディーペインティング美術館作品2(1/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(2/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(3/32)

(3) 色を付ける。
 絵柄が決まったら、色を付けます。塗り残しなく、平らに塗っていくことが重要です。

日本ボディーペインティング美術館作品2(4/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(5/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(6/32)
click ⇒ 800 x 600 and 800 x 1,200 pixel photos 

(注1)   ボディーペインティングに使う道具や注意点などについてはBPマスターのボディーペインティング講座を参考にしてください。文房具屋さんで売っている安い道具で十分楽しんで頂けます。

(注2)
 
小陰唇が写っていない場合の陰裂は公開しても法律上問題ないというアドバイスに従って上右の画像を修正なしで公開しています。だけど小陰唇が見えるかどうかでワイセツか否かが変わるなんて「法の下の平等」から言っておかしいですよね。(^_^;; まあいずれにしても、一番好きなタイプのワレメが公開可能だというのは非常に嬉しいことです。v(^_^)v

 まずはエレベーター・ホールでの撮影です。


 Love in the afternoon(2007年閉鎖)のオフ会の余興として描かせてもらったので、完成したのは真夜中。真夜中なので、エレベーターの動きはほとんどありませんが、いつ開くか分からないドキドキ感はたまりません。

日本ボディーペインティング美術館作品2(7/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(8/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(9/32)

 折角なので、オフ会の参加者に Betty 様と一緒に写真を撮ってもらいました。参加者がブーメラン・パンツを持ってきている辺りは、さすがオフ会。(^_^;;

  日本ボディーペインティング美術館作品2(10/32)
click ⇒ 800 x 1,200 and 1,200 x 900 pixel photos 

 続いては無人のお座敷でこっそり撮影。


 宴会場に行ってみると明日の朝食のお膳を用意したお座敷がありましたので、こっそり撮影させてもらいました。

日本ボディーペインティング美術館作品2(11/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(12/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(13/32)

 何時間か後にはここでお客様たちが朝食を召し上がるんだと思いますが、まさか数時間前にこんな撮影をしていたとは夢にも思わないでしょうね。(^_^;; お客様たちに直接見ていただけないのが残念です。(;_;)

日本ボディーペインティング美術館作品2(14/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(15/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(16/32)
click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 今度は露天風呂に行ってみました。


日本ボディーペインティング美術館作品2(17/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(18/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(19/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(20/32)

 実はこの露天風呂、入り口は男女別々なのですが、中に入れば混浴なので、撮影には打って付けなのです。v(^_^)v

日本ボディーペインティング美術館作品2(21/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(22/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(23/32)
日本ボディーペインティング美術館作品2(24/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(25/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(26/32)

 幸いここのお風呂には「水着禁止」の表示がなかったから良かったですが、表示があったら困ってしまいますよね。なにせ「脱げない水着」ですからね。(^_^;;


click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 ついでに外に出て駐車場でも撮影しちゃいました。


日本ボディーペインティング美術館作品2(27/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(28/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(29/32)

 撮影日をもう一度ご覧ください。2月23日です!! 真冬の真夜中にこの撮影は正直言って厳しいですよね。(^_^;;


click ⇒ 800 x 1,200 pixel photos 

 折角なので、翌朝明るくなってから公園で撮影しました。


 真夜中の撮影が終わってボディペを洗い流さないまま朝を迎えたので、明るい屋外でも撮影してみました。夜中の寒さよりはマシですが、夜が明けても寒いことに変わりはありません。(^_^;; Betty 様、本当にご苦労様でした。m(_ _)m

日本ボディーペインティング美術館作品2(30/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(31/32)日本ボディーペインティング美術館作品2(32/32)
click ⇒ 800 x 600 pixel photos 

  当美術館の2つのシンボルマークは、共に Betty 様の体の一部!!


         
当美術館の第1のシンボルマーク    当美術館の 当美術館の第2のシンボルマーク
2つのシンボルマーク
   
第1のシンボルマークの作成過程

日本ボディーペインティング美術館第1のシンボルマークの制作過程
第2のシンボルマークの作成過程

日本ボディーペインティング美術館第2のシンボルマークの制作過程
 第1のシンボルマークは Betty 様のバストの画像から作られています。良〜く見ると、僅かですが、画像の上端を左にずらしています。  第2のシンボルマークは Betty 様の‥‥の画像から作られています。クローバーマークはこうやってできたハート形の画像を4枚組み合わせたものです。
 
 個人的な趣味で申し訳ありませんが、僕自身はこのタイプのワレメが一番好きです。ホントに「ワレメ!」っていう感じがしませんか?

本ページのトップへ / to the top of this page